■プロフィール

スカイどん

Author:スカイどん
山岳ツーリングが好きな週末チャリダーです

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


■検索フォーム

■リンク
■天気予報

■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
BRM411中部300km
20150414_08

BRM411中部300kmに行ってきました


もともと今週は伊吹山HCに出る予定だったけど怪我で
ずっとトレーニングできずすっかりモチベーション下がってしまったし
DNSした200kmの代わりを走らないとSR取れないので
今回は中部300kmに出ることにしました

しかしAR中部のコースが過酷なことは分かっていたけど
300kmで獲得標高5500mとは・・・ (-_-;)



20150414_01

急遽エントリーしたので8:00枠は満席で9:00出走になった
9:00の参加者は18名ほど

ブリーフィングの後で手首にテーピングしてたら
スタートに遅れてしまい一人で発進



20150414_02

成田山の手前あたり
前日の雨で桜は散ってしまったようだ


山岳地帯に入ってからはリハビリ中の左手に負担掛けないように
ゆっくりペースで走ったつもりだけどPC2の明智に着いたころには
もう脚がもう終わってしまった
これじゃあ伊吹山に行っててもどうにもならなかったなと自分で納得

それに左手をかばって走ってたせいか腰や肩が痛くなってきた
まだメインディッシュ出てないのにこんな調子で大丈夫かな・・



20150414_03

PC2に入る前に「もすけ」によって五平餅とおでんで補給
食べ終わったころにローディが一人入ってきたので雑談してさらに休憩
ブルベの人かと思ったら名古屋から一人で走ってきたとのこと
外に止まってるマシンにはISMの先割れサドルが付いていたから
トライアスロンの人かな?

20150414_04


20150414_06

PC3 道の駅ひらやで遅めの昼食
お腹すいたのでソースカツ丼をチョイス

ここまでの貯金は1時間ほど
いつもはPCクローズ時間なんて気にしないんだけど今回はやけに気になる
それにPC3以降のPCでは毎度DNFする人を見かけて今回のコースの厳しさを感じた。



20150414_09

冶部坂峠を越えた飯田では花桃が1分咲きくらい
来週あたりに来れば丁度見ごろかな



20150414_10

飯田のラウンドアバウト一つ目


20150414_11

二つ目のラウンドアバウトでは離脱ポイントを間違えて
桜並木の通りに出てしまった


17:00 PC4
セブンイレブンのカレーが旨そうだったのでつい買ってしまったけど
良く考えると2時間前にソースカツ丼食べたばかりだった
おかげどこの先ずっとお腹がもたれ気味



20150414_12

PC4を過ぎると雲ゆきが怪しくなってきた
雨粒がポツポツきてるので追い風にのって必死に逃げる

ようやく雨雲から逃げ切ったころに下條のアップダウンが始まった
アップダウンを走るのはわりと得意なんだけど体力消耗してるのでスピード維持が難しい
苦しくなってセブンイレブンのカレーが出てきそうだった


20:20 PC5到着
寒い~
道の駅だけどとっくに閉まっていて自販機があるだけ
トイレの建物内にベンチがあったのでここで休憩
暖房がかかってるわけじゃないけど外よりは全然マシだ
ゆっくりとライトの電池交換や夜間ウエアの準備をしてたら
他の参加者は誰もいなくなっていた

外に出てからも自販機でホットドリンク買ってAR中部のスタッフさんと
話しながらゆっくりして21:20にようやく再スタート
もう貯金はほとんど無し


22:00 標高1160mの平谷峠でここからの長い下りに備えて持ってきた
防寒装備を全て装着する
夜空を見上げると星が見えたのでライトを全部消して真っ暗にしてみたら
星がめちゃくちゃ綺麗だった。
人工の光がまったく無い状態の夜空なんて普通は見られないよな
これもブルベの楽しみだよね

PC5~PC6は長い下りだけど途中にある200m程度の峠で脚を削られて
もう完走する自信が無くなってきた

PC6ではタクシーに自転車積んでDNFする人がいた
いくら金かかるんだろうか・・?

PC6以降のアップダウンでは脚がいっぱいいっぱいで
いつもの中負荷中回転の走り方ができなくなり
しかたないので低負荷高回転に切り替えた
ケイデンスは80~90でその回転を維持できるところまでギアを軽くするがトルクは上げない

この走り方が効を奏して脚が回復してきた
下り区間が終わって平地区間に入っても調子良い
今思うと前半からこの走り方をしてれば良かったんだろうな
次回からはそうしよう(^o^)

犬山を過ぎて最後の堤防区間は下ハン握ってペース上げてみたけど
全然大丈夫だ。足攣らなかったし回転も維持できた
結局は上りが苦手なだけってことか。。(-_-;)

04:10 無事ゴール
一時は時間切れのDNFを覚悟したけどなんとか完走できた

しかしAM4:00なんて300kmのゴール時間じゃないよな
気分的にも獲得標高的にも400kmレベルだよ




20150414_05



スポンサーサイト
ブルベ | 23:01:12 | コメント(0)
BRM221名古屋300km
20150225_05

BRM221名古屋300kmに行ってきました


久しぶりのブルベで会場までの所要時間を忘れていて
到着するともうブリーフィングが終わってた

バイクの準備して、着替えて・・
7:20 ようやくスタート

制限時間は20時間あるし平地コースなので20分くらいはどってことないんだけど
周りに誰もいない状態で走るのは淋しいからPC1までは少し飛ばす

岡崎市街はウォーミングアップレベルで走り郊外に出たところからペースアップして
すぐに一人目に追いつき、本宿で二人目、平尾で三人目に追いついた

三人目を抜いてしばらくしたら今度はコルナゴの人に抜かれた
スタートした時に一人まだ残ってたからあの人だな
とりあえず追いかけるけどコルナゴさんは信号ダッシュが速い
付き合ってると疲れちゃうからマイペース加速して少し間を開けた状態で付いて行った

コルナゴさんのハイペースのおかげで豊川消防署あたりで後方集団に追いつき
ようやく参加者が沢山いるところまでやってこれた
コルナゴさんとは車間を開けてたので豊橋の信号ではぐれてしまい単独走に戻る

県境を過ぎるとアップダウンが始まった
先週一週間は風邪気味で通勤チャリもローラーもせずに
カーボローディングのみだったわりには調子がいい

PC1に着くころには真ん中あたりまで追い上げたと思う。 ここまでくれば十分だ。
一人ぼっちだと不安になるけど前にも後ろにも誰かいる状態なら安心して走れるでしょ



20150225_03

弁天島から御前崎は通常は西風なんだけどこの日は珍しく東風なので
往路の70kmはずっと向かい風
中田島砂丘沿いの道は空気抵抗を減らす為にずっと下ハンで走ってたので
首が疲れてしまった

天竜川を越えるとお腹が空いてきた。
豚骨ラーメンを食べたくなったけど田舎道ではラーメン屋は見当たらない
そのまま走ってたら空腹と疲労で集中力が切れてきたのでしかたなく
コンビニのカップラーメンで妥協することにした

ルートから少し離れたところに7-11を発見して進路を変更
ところがコンビニ入口の車道からのスロープに大きめの段差があり
それに引っかかって落車(ToT)

ちょっと段差が大きいな・・と思いつつも
集中力切れてたのでぼーっとしてそのまま行ってしまった

コケたときに左手首を強打してかなり痛い

DNFを考えたけど輪行袋持ってないし駅まではけっこう遠いし・・

御前崎まではあと20kmだからとりあえずPC2まで行ってそれから考えることにした
しばらくすれば痛みも和らぐかもしれない・・と淡い期待もあった



20150225_04

これの為にこんな目に遭うとは・・・

カップ麺食べて再び走りだすが手首の痛みは想像以上
走行時の振動で激痛が走りブラケットを持てない

手首を浮かせば痛くならないので左肘をハンドルバーにおいて前傾で走る
でもその体勢では長時間持たないので時々体を起して片手運転と交互で走った



20150225_06

本州最南端??
そんなわけないだろと良く見たら静岡県最南端だった


PC2に着いたけどもう御前崎の海鮮とか考える気力なし
この先どれほど時間かかるか想像つかないし
遅くなると雨が降りそうなのでおにぎり食べてさっさと出発

負傷から2時間経って左手をブラケットに乗せるくらいは
できるようになったけどブレーキレバーを握ることはできない

ここまでの田舎道はフロントブレーキだけでなんとかできたけど
交通量の多い国道150号線はヤバイぞ・・



20150225_08

掛川で薬局を見つけて痛みどめを購入

ロキソニン投入で我慢すればリアブレーキ掛けられる程度の
痛みに和らぎなんとか普通に走れるようになった

ここまではさっさと帰ることしか頭に無かったけど
心に若干の余裕ができたら再び脳裏に豚骨ラーメンが浮かんできた

そ~だ。走り終わったら豚骨ラーメン食べに行こう!



20150225_09

止まった信号の目の前にあったので少しだけ中田島砂丘に寄ってみた


20150225_10

今まで長めの砂浜程度だと思っていたけど結構広大だった


20:00頃 PC3 豚骨ラーメンの為に補給は最小限にしておく


PC2前後の60kmをかなりゆっくり走ってたので最後の区間でも
脚に余裕があり痛み止めも効いてるので夜道をガシガシ走る

ハイペース走行中の岡崎郊外で工事中のアスファルト段差に
タイヤを取られてバランスを崩しかける
脳裏にコンビニの悪夢が浮かんだ(怖っ)
なんとか持ち直したけどこれで気持ちが萎えて
その後は普通ペースでゴールまで。


20150225_01

帰る途中でラーメン屋に寄り
ようやく豚骨ラーメンにありついた


今回の教訓は「集中力が切れる前に休憩入れろ」ってことですな





ブルベ | 23:36:53 | コメント(0)
BRM614中部600km(後編)
全部乗せブルベ苦行の2日目です


元気だった1日目とは違い疲れと寒さと眠気とケツ痛で
カメラを出す気力も喪失し写真は殆どありません


21:40 PC5を出発しまもなく杖突峠に入る

茅野の夜景を眺めらがらの上りは特に問題なかったけど

標高1200mからの下りで状況は一変

寒い・・

時刻は23:00

野麦峠の下りも寒かったけど深夜の杖突峠の下りはそんなもんじゃない

しかも距離が長い

PC6までずっと下り基調でスピードが出るんだけど・・

寒いよぉ~ (ToT)


日付が変わった AM0:00 仮眠予定の24hマクドにIN

テーブルに伏せて仮眠したけど
寝たのか寝てないのか分からないような感じ

実際に寝たのは30分くらいかな。他の客の笑い声で目が覚めた


01:30 PC6に到着

ここはイートインスペースがあって仮眠もできたようだ

こっちで仮眠すれば良かったなどと思いつつ
ここでもダラダラと50分休憩
寒いのでなかなか出発する気にならない


PC7までの天竜川沿いの道はさらに寒い
川の冷気が道まで届いてる感じ

しかしこんなに細い道を延々と走るとは思わなかった
地図見てもわからないからね

心細い真っ暗な細道を走ってると突然タヌキ2匹が前を横切った

わあっ・・びっくりした。心臓止まりそう

その少し先で今度は側溝からタヌキが飛び出してきた

至近距離すぎてタヌキも横切れず20mくらい並走
もう少しで踏みつぶすところだった


川沿い区間を抜ける頃には明るくなってきたけど

今度は眠くて真っすぐ走れない

ミントタブレットをかじっても効果は一時的ですぐに眠くなる

一度意識が飛んでしまい車体が傾き落車寸前になった

危ない危ない・・



05:30 PC7到着

このまま行くと危険なのでPC7でもう一度仮眠することにした
やはり眠気を取るには寝るしかない

超絶山岳コースの今回はあまり時間的余裕がないんだけど
眠くてペース落ちるより仮眠してペース戻す方が良いはずだ

冷え切った体を温める為にコンビニ前の日当たりのいい場所で
横になり朝日を浴びながら1時間仮眠

AM7:00 PC7出発

体を伸ばして熟睡できたのでかなり体力回復
おかげで二日目最高峰の新野峠はわりと楽に攻略できた



20140618_24

ようやく愛知県に戻ってきたが新野峠の次の
設楽の道は路面状態が悪すぎる

ここは明るくなってからの通過で良かった
夜間だったら落車したかもしれない



10:40 PC8到着

ピナレロの人から「今日はビアンキですか」と声をかけられる

ん・・誰だっけ?

話をするとこのブログを見てくれてる人だった
たまにしか書かないけど読んでくれてありがとうございます

ちなみにブルベはいつもビアンキです
マドンはロングライドには使いません



20140618_25

PC8を出てしばらく走ったら見覚えのある景色になってきた

ああ、ここは新段戸トンネルの道だ

岐阜や長野の峠はチェックしたけど愛知の峠は標高的に大したことないから
ノーマークでここを通るとは思ってなかった

でもどの程度の峠かわかってるので精神的は楽

でも肉体的には仮眠の効果も薄れてきて辛くなってきて
このあたりから上りのペースが一段と落ちた


香嵐渓まで一旦下った後でまた上り

戸越峠に行くかと思ってたら前方の参加者が違う方向へ曲がっていった

走ったことない道だな・・これが三国山か
もう市街地に近いはずなのにこんなガッツリした峠があるんだ

しかし次から次へと峠が出てくるもんだ。だから全部乗せか。。

三国山を上る時に対向のローディから「頑張れ~」と声援をもらった

もう少し上るとまた別のローディからも「頑張ってくださ~い」と。

たぶん全部乗せブルベと知ってる人だな

うれしいね。おかげで少しパワーが回復した


三国山を越えPC9まであと少しだけどしつこくアップダウンが現れる。

キツイなぁ・・



16:00 PC9到着

ここまで来ればもう安心だ
ようやく完走できそうと実感してきた

その後細かいアップダウンを幾つか越えて進む

一つ目のはアップダウンレベルじゃなくて峠レベルだった


犬山からゴールまではもう力が入らず惰性で走行

PC8で2回目の夜間走行に備えてライトの電池を交換しておいたのだけど
使うこともなく明るいうちにゴールできた


18:54 ついにゴール

37時間54分で無事完走

これで4年連続のSRです





ブルベ | 19:36:22 | コメント(2)
BRM614中部600km(前編)
20140618_19

前評判では累積標高9000mとも10000mとも囁かれた

BRM614中部600km「全部乗せ」に行ってきました




20140618_01

累積標高9000mって言ったの誰だよ?

GPSログは13000mあるぞ

ここまで差があると何が正しいのか良くわからんけど
真ん中をとって累積標高11000mってとこかな

今回この超絶コースに挑んだのは60人程だったらしい



20140618_02

AM4:00 まだ薄暗いうちにスタート地点のすいとぴあ江南に到着



20140618_03

すっかり明るいけどまだAM5:00

さあ行くか。600km先のゴールに向かってスタートだ



20140618_04

スタート時の天気は雲が多目だけど雨は降らなさそうな様子

今回も含めて今年は5回ブルベに参加したけど一度も雨は無い

こんなことはブルベをやってて初めてだ

雨装備が不要なので荷物も少なくなって助かる



20140618_05

やけにレトロな車両ばかりだと思ったら旧美濃駅の展示車両だった



20140618_06

PC1を過ぎるといよいよ山岳地帯に突入

岩屋ダム湖沿いの道は景色も良くて走りやすい

このころが一番楽しかったな (まだお尻も痛くないし)

ところがPC2手前で雨がパラついてきた

マジ?

天気予報は晴れだったので雨装備なんか持ってないぞ

パラパラ雨は暫く続いたけど本降りになることもなく止んでくれた



20140618_07

ダムカードを貰おうと岩屋ダムの管理事務所に寄ったけど
インターホン押しても誰もでてこない

配布開始の8:30は過ぎてるけど土曜日はダメなのかな?

しかたないので見本の写真を撮っておいた


20140618_08

ついでに近くの展示館にも寄ってみたが
ありきたりな展示物しかなかったのですぐに再出発



20140618_09

PC2 馬瀬美輝の里

ここの売店は野菜しか売ってない

生野菜では補給食にならないので持参したカロリーメイトで補給



20140618_10

国道257沿い

去年の一人旅でもここを走ったが、このあたりの景色はのどかで好きだな


20140618_11

かおれトンネル

去年はトンネル手前が工事中で強烈な迂回路を走らされたので
今回も迂回させられるんじゃないかと少しビビってたけど
今年は工事が終わってて良かった

帰宅後に去年の迂回路を調べてみたら平均8.3%勾配の120m級峠だった
今回のコースからみれば誤差範囲だね



20140618_12

せせらぎ街道

ここも好きな道だ

その辺の山道とは少し景色が違い高原リゾートっぽい感じがする



20140618_13

シークレットPCの西ウレ峠の標高看板

写真撮って出発する頃に男女ペアの参加者が来た
この2人はこの後もちょくちょく見かけたので
ほぼ同じペースで走ってたようだ
たぶんゴールはあちらの方が先



20140618_14

AM11:30 五平餅の助さ

去年は定休日で食べられず今回は絶対に食べたかったので
ナビに場所をインプットしておいた

でも一本道にあるたった一軒の店なので誰でもわかる



20140618_15

えごまダレの独特な味がクセになる

小ぶりなので3本注文したら店のおばちゃんが

えっ。。そんなに食べるの?  みたいな顔をしてた



20140618_16

高山のPC3を過ぎると美女街道

なにがどう美女の街道なのかわからんけど景色は良い



20140618_17

この辺りは若干の向かい風なので下ハン握って走った

ヒルクラポジションと下ハンポジションでは使う筋肉が違うのか
全然疲れはなく思った以上にペースが上がり快走



20140618_18

野麦峠までまだ20km以上あるけど既にトンネルは野麦峠モードになっている
でもこの道を真っすぐ行くと長峰峠に行っちゃうんだけどね


野麦峠を半分くらい上った所でドリンクが空になってしまった

どこかに自販機ないかなと探すがこんな山奥に自販機なんてない
たまに集落があるが自販機はなさそう・・

しばらく上ると自販機があった (^o^)/

ちょくちょく見かける男女ペアの人もいる

自販機に近づくと 「壊れてるよ」 と・・・

まじですか (ToT)

ボー然としてると 「そこに湧水があるよ」 と教えてくれた

パイプから水が出てる

横に汚いコップが置いてある

どうしよう・・でもコップあるなら飲めるってことだよな

ボトルで水を汲んでグビグビ飲み干す

旨いじゃん多分大丈夫だ。ボトル一杯に汲んで再出発



20140618_20

PM4:50 今回の大ボス野麦峠を攻略

野麦峠の頂上付近は有名な峠のイメージからは想像できないほど道幅が狭い

他の参加者がいたので石碑に気付いたけど
誰もいなかったらそのまま通過してたかもしれない



20140618_21

野麦峠から望む乗鞍岳
上ってる最中は見えなかったけどこんなに近かったのか

下りに入る前にウインドベストを装着したけどそれでも標高1700mの下りはけっこう寒い
それにやたらと虫が多くて顔にビシビシ当たって痛い


20140618_22

途中で木製のアーチ橋があった

興味あったけど草ぼうぼう過ぎて入るのを躊躇し写真だけ撮って通過



20140618_23

梓湖のあたりはトンネルだらけだけど
もう夕方でクルマも少なかったので危なげなく通過

梓湖を下ったところに見事なアーチ式の水殿ダムがあった
寄り道したかったけど走行コースから少し下らないといけないし
今回はあまり時間的余裕がないのでスルーした


PM6:00頃にPC4に到着

お腹が空いててコンビニ弁当じゃなくしっかりした食事にしたかったので
ここはシュークリームだけで直ぐに出発し
どこかに良さそうな店ないかなと探しながらPC5方面に走る

希望はざるそば&カツ丼のセット

なかなか店が見つからない・・・

コースが田舎過ぎてどこまでいっても店がないぞ (ToT)


諏訪湖の湖畔を走ってると対岸で花火が上がっていた
なんか得した気分


PM8:40 結局夕食食べないままPC5まで行ってしまった

夕食はコンビニの広島風お好み焼き

ここではライトやナビの電池交換したり夜間ウエアに変更したりで
ゆっくりと一時間以上休憩


PM9:40 PC5を出発

ここまでが楽しかった1日目

苦行の2日目は後日・・





ブルベ | 21:53:48 | コメント(0)
BRM426名古屋400km
20140429_10

BRM426名古屋400kmに行ってきました

GW初日の国道153号線はどこまで行っても花桃が綺麗に咲いていて
春の景色を楽しみながらのブルベでした
ただし余裕持って楽しめたのは前半だけ・・・



20140429_04

AM6:00 会場に到着
さすがに400kmになると参加者は若干少なめな感じ



20140429_05

ん・・岡崎城?
ここは豊田じゃなかったっけ?

良く見たら蟹料理の店だった
よくできてるよ。本当に城かと思った



20140429_06

香嵐渓・・だと思う
近場の名所だけど子供の頃に一度来ただけなんだよね
一緒に走ってた人がここが香嵐渓の入口と教えてくれたので
思わずUターンして撮影した



20140429_07

香嵐渓を過ぎると平谷まで緩い上りが延々と続く
ここは3年前の名古屋400kmでも通った道で見覚えがある
あの時は膝が痛くて押して歩いたりしたけど今回は快調



20140429_08

伊勢神トンネルを超えると標識に塩尻の文字が見えるようになり
まだ100km以上あるのに少し近づいた気がする

まあ実際に近づいてるんだけど普通のツーリングでは感じることのない感覚です
遠い旅をしてる感じかな



20140429_11

道の駅平谷を過ぎたあたり
標高1000m近いこの辺りの桜はまだ一分咲きくらい

桜の時期も遅いけど花粉の時期も遅いようで
稲武あたりからずっと目が痒い



20140429_12

AM 11:26 1stステージボスの冶部坂峠を制圧



20140429_14

不思議なトンネル
スノーシェードらしい



20140429_16

峠を越えたPC1手前の道
ここでも花桃が綺麗に咲いている

峠を下りてからPC1までは2km程しかないのにやけに遠く感じた
100km走ってそろそろ疲れが出てきた感じだ
ここからの補給をどうするかが大事なんだよね

でもそうは言ってもそんなに計画的に食えないしな・・
結局はテキトー補給になってしまうよね

駒ヶ根で食事するつもりなのでPC1の補給は
ジャイアントコーンとおにぎり一個



20140429_19

ソースカツ丼の明治亭

2ndステージの目玉。。というか今回のブルベの主目的
せっかくなのでネットで調べて一番有名な店にしたが
ルートから1.5km外れるし、ずっと上り坂で余計な体力を消耗した



20140429_01

駒ヶ根名物ソースカツ丼

ロースは腹にもたれそうだからヒレカツにしといた
(そんなこと気にするなら最初からカツ丼やめとけよ・・)



20140429_02

上から見るとそれほどでもないけど横から見るとこのボリューム
テーブルに置かれた時はちょっとビビリましたよ
こんなに食べたらまた胃もたれで苦しくなりそう・・



20140429_03

食べ始めてすぐに異変に気づいた

んん・・(?_?)

どこまでいってもキャベツが続きコメが現れない??

なんと蓋が閉まらない程のビッグボリュームの半分は千切りキャベツだった

最初なんじゃこれと思ったけどソースが絡んだキャベツが美味い

ソース漬けのヒレカツは余計な脂っこさもないし

半分キャベツなので見た目が大ボリュームでもペロリと食べられる

これは本当に美味いよ。満足。満足。



20140429_20

明治亭から望む駒ヶ岳

電線がじゃまだなぁ。。



20140429_21

塩尻に入り、折り返しのPC2は17:10に到着

1000m級峠を越えて寄り道もして200kmを10時間少々なら結構速いじゃん

後半は下り基調だしこれは楽勝かと思ったけど400kmはそんなに甘くなかった


復路は折り返し直後のプチ峠を越えたところでライト点灯

この頃からたまに顔に水滴が当たる気がした

気のせいかなと思ってたけどだんだん顔に当たる水滴が多くなり
空を見ると若干怪しい雲行きになってる

ヤバイな。。天気予報は晴れだったから雨装備なんて持ってないぞ

早く山から離れないとマズイと思い交通量の減った夜道を飛ばす

パラパラ雨だけど伊那市街では路面が全面濡れるくらいの状態
駒ヶ根まで来てようやく星が見えてきて雨は止んだ


22:40 PC3到着
かなり寒くなってきたので防寒装備を装着するけど
この先はすぐに峠上りになるのでフル装備にはしない

2回目の冶部坂を淡々と上り続けるが
暗くて道幅が広いので余計に単調に感じて眠い

00:58 再び冶部坂トンネル 気温5℃
ここからの長い下りに備えてウインドブレーカーとインナーグローブを装着したが
下り始めると頭が寒~っう。 カキ氷食べた時みたいにデコが痛い
これは絶対に気温5℃もないぞ
ちなみにもっと下った稲武では気温3℃だった

道の駅平谷で緊急停車してウインターキャップとネックウォーマー装着

持ってきたものは全て装着したけどこれでも寒い
日中の暑さに合わせてベースが春ウエアなので
ウインドブレーカー羽織ったくらいでは全然足りない
冬用インナーも持っていくべきだった

おまけに冶部坂の上りでエネルギー使い果たしてハンガーノック気味になってる

これはどこかで休憩しないとマズイぞ

たしか稲武にコンビニがあったけどこんな山奥のコンビニが
深夜営業してるとは思えない・・・


・・・やってた  感動(ToT)


ホットコーヒーで体を温めてからゆるゆる走りだすが

明け方の豊田市街手前で眠くて真っすぐ走れなくなり再度コンビニにピットイン

ホットコーヒー飲んでストレッチして目を覚ましてからペースを上げてゴールに向かう


AM 5:30 無事ゴール


9時頃までクルマで仮眠してから帰宅しました



20140429_09

20140429_18




ブルベ | 13:40:54 | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。