■プロフィール

スカイどん

Author:スカイどん
山岳ツーリングが好きな週末チャリダーです

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


■検索フォーム

■リンク
■天気予報

■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
BRM411中部300km
20150414_08

BRM411中部300kmに行ってきました


もともと今週は伊吹山HCに出る予定だったけど怪我で
ずっとトレーニングできずすっかりモチベーション下がってしまったし
DNSした200kmの代わりを走らないとSR取れないので
今回は中部300kmに出ることにしました

しかしAR中部のコースが過酷なことは分かっていたけど
300kmで獲得標高5500mとは・・・ (-_-;)



20150414_01

急遽エントリーしたので8:00枠は満席で9:00出走になった
9:00の参加者は18名ほど

ブリーフィングの後で手首にテーピングしてたら
スタートに遅れてしまい一人で発進



20150414_02

成田山の手前あたり
前日の雨で桜は散ってしまったようだ


山岳地帯に入ってからはリハビリ中の左手に負担掛けないように
ゆっくりペースで走ったつもりだけどPC2の明智に着いたころには
もう脚がもう終わってしまった
これじゃあ伊吹山に行っててもどうにもならなかったなと自分で納得

それに左手をかばって走ってたせいか腰や肩が痛くなってきた
まだメインディッシュ出てないのにこんな調子で大丈夫かな・・



20150414_03

PC2に入る前に「もすけ」によって五平餅とおでんで補給
食べ終わったころにローディが一人入ってきたので雑談してさらに休憩
ブルベの人かと思ったら名古屋から一人で走ってきたとのこと
外に止まってるマシンにはISMの先割れサドルが付いていたから
トライアスロンの人かな?

20150414_04


20150414_06

PC3 道の駅ひらやで遅めの昼食
お腹すいたのでソースカツ丼をチョイス

ここまでの貯金は1時間ほど
いつもはPCクローズ時間なんて気にしないんだけど今回はやけに気になる
それにPC3以降のPCでは毎度DNFする人を見かけて今回のコースの厳しさを感じた。



20150414_09

冶部坂峠を越えた飯田では花桃が1分咲きくらい
来週あたりに来れば丁度見ごろかな



20150414_10

飯田のラウンドアバウト一つ目


20150414_11

二つ目のラウンドアバウトでは離脱ポイントを間違えて
桜並木の通りに出てしまった


17:00 PC4
セブンイレブンのカレーが旨そうだったのでつい買ってしまったけど
良く考えると2時間前にソースカツ丼食べたばかりだった
おかげどこの先ずっとお腹がもたれ気味



20150414_12

PC4を過ぎると雲ゆきが怪しくなってきた
雨粒がポツポツきてるので追い風にのって必死に逃げる

ようやく雨雲から逃げ切ったころに下條のアップダウンが始まった
アップダウンを走るのはわりと得意なんだけど体力消耗してるのでスピード維持が難しい
苦しくなってセブンイレブンのカレーが出てきそうだった


20:20 PC5到着
寒い~
道の駅だけどとっくに閉まっていて自販機があるだけ
トイレの建物内にベンチがあったのでここで休憩
暖房がかかってるわけじゃないけど外よりは全然マシだ
ゆっくりとライトの電池交換や夜間ウエアの準備をしてたら
他の参加者は誰もいなくなっていた

外に出てからも自販機でホットドリンク買ってAR中部のスタッフさんと
話しながらゆっくりして21:20にようやく再スタート
もう貯金はほとんど無し


22:00 標高1160mの平谷峠でここからの長い下りに備えて持ってきた
防寒装備を全て装着する
夜空を見上げると星が見えたのでライトを全部消して真っ暗にしてみたら
星がめちゃくちゃ綺麗だった。
人工の光がまったく無い状態の夜空なんて普通は見られないよな
これもブルベの楽しみだよね

PC5~PC6は長い下りだけど途中にある200m程度の峠で脚を削られて
もう完走する自信が無くなってきた

PC6ではタクシーに自転車積んでDNFする人がいた
いくら金かかるんだろうか・・?

PC6以降のアップダウンでは脚がいっぱいいっぱいで
いつもの中負荷中回転の走り方ができなくなり
しかたないので低負荷高回転に切り替えた
ケイデンスは80~90でその回転を維持できるところまでギアを軽くするがトルクは上げない

この走り方が効を奏して脚が回復してきた
下り区間が終わって平地区間に入っても調子良い
今思うと前半からこの走り方をしてれば良かったんだろうな
次回からはそうしよう(^o^)

犬山を過ぎて最後の堤防区間は下ハン握ってペース上げてみたけど
全然大丈夫だ。足攣らなかったし回転も維持できた
結局は上りが苦手なだけってことか。。(-_-;)

04:10 無事ゴール
一時は時間切れのDNFを覚悟したけどなんとか完走できた

しかしAM4:00なんて300kmのゴール時間じゃないよな
気分的にも獲得標高的にも400kmレベルだよ




20150414_05



スポンサーサイト
ブルベ | 23:01:12 | コメント(0)
BRM221名古屋300km
20150225_05

BRM221名古屋300kmに行ってきました


久しぶりのブルベで会場までの所要時間を忘れていて
到着するともうブリーフィングが終わってた

バイクの準備して、着替えて・・
7:20 ようやくスタート

制限時間は20時間あるし平地コースなので20分くらいはどってことないんだけど
周りに誰もいない状態で走るのは淋しいからPC1までは少し飛ばす

岡崎市街はウォーミングアップレベルで走り郊外に出たところからペースアップして
すぐに一人目に追いつき、本宿で二人目、平尾で三人目に追いついた

三人目を抜いてしばらくしたら今度はコルナゴの人に抜かれた
スタートした時に一人まだ残ってたからあの人だな
とりあえず追いかけるけどコルナゴさんは信号ダッシュが速い
付き合ってると疲れちゃうからマイペース加速して少し間を開けた状態で付いて行った

コルナゴさんのハイペースのおかげで豊川消防署あたりで後方集団に追いつき
ようやく参加者が沢山いるところまでやってこれた
コルナゴさんとは車間を開けてたので豊橋の信号ではぐれてしまい単独走に戻る

県境を過ぎるとアップダウンが始まった
先週一週間は風邪気味で通勤チャリもローラーもせずに
カーボローディングのみだったわりには調子がいい

PC1に着くころには真ん中あたりまで追い上げたと思う。 ここまでくれば十分だ。
一人ぼっちだと不安になるけど前にも後ろにも誰かいる状態なら安心して走れるでしょ



20150225_03

弁天島から御前崎は通常は西風なんだけどこの日は珍しく東風なので
往路の70kmはずっと向かい風
中田島砂丘沿いの道は空気抵抗を減らす為にずっと下ハンで走ってたので
首が疲れてしまった

天竜川を越えるとお腹が空いてきた。
豚骨ラーメンを食べたくなったけど田舎道ではラーメン屋は見当たらない
そのまま走ってたら空腹と疲労で集中力が切れてきたのでしかたなく
コンビニのカップラーメンで妥協することにした

ルートから少し離れたところに7-11を発見して進路を変更
ところがコンビニ入口の車道からのスロープに大きめの段差があり
それに引っかかって落車(ToT)

ちょっと段差が大きいな・・と思いつつも
集中力切れてたのでぼーっとしてそのまま行ってしまった

コケたときに左手首を強打してかなり痛い

DNFを考えたけど輪行袋持ってないし駅まではけっこう遠いし・・

御前崎まではあと20kmだからとりあえずPC2まで行ってそれから考えることにした
しばらくすれば痛みも和らぐかもしれない・・と淡い期待もあった



20150225_04

これの為にこんな目に遭うとは・・・

カップ麺食べて再び走りだすが手首の痛みは想像以上
走行時の振動で激痛が走りブラケットを持てない

手首を浮かせば痛くならないので左肘をハンドルバーにおいて前傾で走る
でもその体勢では長時間持たないので時々体を起して片手運転と交互で走った



20150225_06

本州最南端??
そんなわけないだろと良く見たら静岡県最南端だった


PC2に着いたけどもう御前崎の海鮮とか考える気力なし
この先どれほど時間かかるか想像つかないし
遅くなると雨が降りそうなのでおにぎり食べてさっさと出発

負傷から2時間経って左手をブラケットに乗せるくらいは
できるようになったけどブレーキレバーを握ることはできない

ここまでの田舎道はフロントブレーキだけでなんとかできたけど
交通量の多い国道150号線はヤバイぞ・・



20150225_08

掛川で薬局を見つけて痛みどめを購入

ロキソニン投入で我慢すればリアブレーキ掛けられる程度の
痛みに和らぎなんとか普通に走れるようになった

ここまではさっさと帰ることしか頭に無かったけど
心に若干の余裕ができたら再び脳裏に豚骨ラーメンが浮かんできた

そ~だ。走り終わったら豚骨ラーメン食べに行こう!



20150225_09

止まった信号の目の前にあったので少しだけ中田島砂丘に寄ってみた


20150225_10

今まで長めの砂浜程度だと思っていたけど結構広大だった


20:00頃 PC3 豚骨ラーメンの為に補給は最小限にしておく


PC2前後の60kmをかなりゆっくり走ってたので最後の区間でも
脚に余裕があり痛み止めも効いてるので夜道をガシガシ走る

ハイペース走行中の岡崎郊外で工事中のアスファルト段差に
タイヤを取られてバランスを崩しかける
脳裏にコンビニの悪夢が浮かんだ(怖っ)
なんとか持ち直したけどこれで気持ちが萎えて
その後は普通ペースでゴールまで。


20150225_01

帰る途中でラーメン屋に寄り
ようやく豚骨ラーメンにありついた


今回の教訓は「集中力が切れる前に休憩入れろ」ってことですな





ブルベ | 23:36:53 | コメント(0)
ウイダー鈴鹿 2014秋
20141116_02

恒例行事の鈴鹿エンデューロに行ってきました

今回は第一走者じゃないのでコースサイドからスタート模様を見物
スタートの号砲はウイダーガールがやってたんだね
撃ち方がセクシー(~o~)
何回もエンデューロに出てるけど初めて見たよ



AM 2:45
起床
早すぎるよ(眠いってば)
1時間くらいしか眠てないけどサーキット近くにAM4:20集合なのでしかたない

AM 3:30
近所のコンビニでゴドラさんと待ち合わせてからサーキットに向かう

AM 5:00
ピット争奪戦
シケイン班とピット班に分かれて自分はピット班のほう
ゲートオープンと同時にタラちゃんが猛ダッシュ
少し遅れて自分もいくが前方では足がもつれて転倒する人やバイクラックに激突する人がチラホラ
ピットに着くとタラちゃんがレジャーシートも広げずに「取った取った」と喜んでる

アホッ

さっさとシート広げんかい !!

その隙に他のチームに領土を少し削り取られた


AM 6:15
試走開始時間だけど寒過ぎてどうしようか迷うが
ぶっつけ本番もまずいのでブルブル震えながら2周しておいた


今回も8hチーム戦にエントリー
メンバーは、ガメロン、ガラモン、キッド、ピットと自分の5名

少しでも長く先頭集団に付いていくほうが有利なので
Aチーム級の実力を持つピットとキッドを1番手、2番手にする
残りの3人もペースが落ち着いてからなら先頭集団に付いていけるはずだ


ところが今回は序盤の先頭集団のペースは想像以上に上がり(7分台だったらしい)
我がチームは選手交代のタイミングで早々にふるい落とされてしまった

その後もハイペースに対応する為に前半から2周交代で走る
2周しかしないけどほぼ単独の全開走行なのでキツイ


20141116_04


あっというまに昼前になり、そろそろピット閉鎖の時間

ピット封鎖時間帯はガメロンに3周してもらった
計算ではピット封鎖解除直後に戻ってきそうなので
交代ゾーンに行ったらチームメンバーが誰もいない
交代を手伝ってもらう為にメンバーを呼びに行くが、振り返るともうガメロンが来てる
慌てて交代ゾーンに戻って計測バンドを受け取り自分で足首に巻いて発進
これで20秒くらいロスした


ピット君の後半戦1発目でダンロップカーブでサイン確認してたら
人差し指を高く上げて走って行った

そんなサインあったっけ? 

 「イエーイ I am No, 1 」 か?

 「俺一人で十分だぜ」 かな?

 「あと1時間は走れるぜ」 ってことかも?

まだ1周目だし何のサインなんだ?

そうは言っても「交代してくれ」以外の意思表示なんて
するわけないから選手交代の準備をして待ってたらやはり戻ってきた
胸が苦しくなっての緊急ピットイン。大丈夫かな・・
でも暫く休憩したら復活したので良かった


4時間組が消えた後半はコースがスカスカになって
なかなかトレインを組む相手が見つからないけど
暫くするとトロッフェ・バラッキが始まった

次々にやってくるトロバラから丁度良いペースの相手を選んで後ろに付く
若干後ろめたい気持ちはあるけど先頭交代する必要は無いもんね
前に出たらトロバラのほうが失格になっちゃうから邪魔しないように少し間を開けて
後ろに付いていった

1周回ったところで前のトロバラのペースが落ちてきた。しばらくそのまま後ろにいたけど
代わりのトロバラがこないので見切りを付けて単独走に戻った
1/3周くらい走ったところで本格装備のトロバラがきたので後ろに付くが
ちょっとペース速過ぎて半周ほどで千切れてしまった


PM 3:00頃
ダンロップでガメロンが先頭集団に混じってる
ピット交代で集団から落ちちゃうかなと思ったら
ガメロンが頑張って最終コーナーを上ってきたので
そのまま集団に乗ることができた

ピットロードから出て全開加速して先頭集団に合流
やはり集団の中にいると全然楽チン
集団から出て先に行こうかと思うくらいだったけど
そんなことしてもソロじゃあすぐにヘタレて集団に戻ってくるのが
目に見えてるのでやめておいた

平地や下りで脚を使わなくて済むので苦手なメインストレートから
シケインの上りでも先頭集団に付いていける

そのまま2周したところで3周目に入るか悩む
脚は残ってるのでこのペースなら問題なく行けそうなんだけど・・

今なら集団を振り切ってピットに入って次走者を集団に乗せられるが
3周目に入るとどうなるかわからないので予定どおり2周で交代
我がチームはそこからゴールまで先頭集団に乗ったままいけた(周回遅れだけどね)



20141116_05

ゴールシーンはスタンドから見物


最後はキッドがスプリントして 21位でゴール
リザルトみたら22位のチームと3秒差なのでキッドのおかげで順位一つ上がったね


今回は危ない目にも遭わず楽しいレースだった
レース中に落車を目撃しなかったのは初めてかも


最終結果  52周(-4LAP) 21位 Ave 37.25km/h



20141116_03





レース&イベント | 20:46:36 | コメント(0)
渋峠サイクリング 二日目

20141011_21



二日目のルート

 草津温泉~渋峠~善光寺~長野から輪行

 走行距離:83km、累積標高:1400m



20141011_13

草津温泉が標高1156m、国道最高地点は標高2172mなので
二日目は最初に1000m上ったら後は下るだけのコースです

去年の過酷なルートの反省から今年のコースは緩めに設定してます



20141011_14

AM 8:00 朝食の後で少し散歩

たまたま渋峠の近くにあったから草津温泉で一泊したけどここでの観光が目的なわけじゃない
でも有名な温泉街だしせっかくなので湯畑の周りを散歩した

この時間ではまだ人も少なくお土産屋さんも開いてなかったが
その分ゆっくり回れたので早朝散歩も良い感じ



20141011_15

TVで良く見る「湯もみ」はどこでやるのかな。。と探してみたら宿泊したホテルの目の前にあった
朝一番の公演でも9:30開始なのでこの時間ではまだ見ることができない。 


AM 9:00
旅の目的は温泉観光じゃないので湯もみが始まるのを待つこともなく渋峠に向かって出発



20141011_16

昔ながらの雰囲気のある温泉街を抜けるとすぐに今風の高原リゾートになり
その先は高原ヒルクラコースに続いている

周りに樹木が少ない場所では風がきつい
たぶん頂上付近はもっと強風なんだろうね・・



20141011_17

硫化水素ガス発生地帯なのでここから500mは立ち止まるなと・・



20141011_18

硫黄臭いからわざわざ立ち止まりはしないけどヒルクラ中のチャリダーは
クルマで通過する人の10倍くらい呼吸せざるを得ないんだけどね



20141011_19

ここが殺生ヶ原
硫黄臭さだけを比べれば草津温泉街と大差ない気もするけど
この光景を見ると近づいちゃイケナイのも納得できる



20141011_20

硫化水素ガスの影響で植物が生えず岩石むき出しなので
実際の標高よりも高いところを走ってる気になってくる

看板の警告に従って立ち止まらなかったけど危険エリアの通過に
2分かかり硫化水素ガスをタップリ吸ってしまった

この先は高木もなくなり視界の開けた九十九折りが幾つも続いている
斜度も緩めだし路面状態も良くて走りやすい
気のせいかクルマもゆっくり走ってるようで安心して上れる



20141011_22

360°の景観が広がるこの辺りの景色は乗鞍の頂上付近に似てる
あちらは高山植物だけど標高が1000m低いこっちは熊笹がびっしり生えてる
webで下調べしたときに一番見たいと思った景色はたぶんこのあたり



20141011_23

草津の温泉街が遠くに見える
その向こうは昨日見えなかった浅間山
ようやく拝めたけど山頂は雲がかかっていて良く見えないなぁ



20141011_24

真ん中の白く見える所が白根山の火口
火口周辺は噴火警戒レベル2で近づけないし立ち止まりも禁止
白根レストハウスの前には警備の人がいて記念撮影もできなかった

しかし上空の雲が気になるぞ・・・



20141011_25

火口を越えれば後は下りだと思ってたらそこから5kmくらいアップダウンが続いた
山田峠はそのアップダウンの中間にある

このあたりはツールの山岳ステージみたいな景色が広がっていてテンションが上がる

頂上付近のアップダウンに入ってからは天気が急変
それまでの快晴から曇りの強風に変わってしまいかなり寒い



20141011_26

中央分水嶺だそうな
山田峠の少し先にあった



20141011_33

ついに標高2172mの国道最高地点に到着

写真では天気回復してるように見えるけどトンデモナイ・・

道路の反対側が小高くなってるので直撃は免れてるけど
頭上数メートルを猛烈な勢いで次々に雲が飛んでいます



20141011_30

横手山の渋峠の看板

ここにはローディが2人いた
そういえば上ってる最中は自分以外の自転車はいなかったな

この場所を渋峠というのか、このあたり一帯が渋峠なのか
わからないけどここが今回の旅の目的地だ
そうはいってもゴンドラ乗り場と茶店があるだけなので写真とったらさっさと下山開始

長野側の景色は群馬側のような独特の光景ではなく乗鞍の岐阜側みたいな感じ
伊吹山の上の方にも似てる

ここからは一気に1800mのダウンヒルだけど気温は9℃で寒すぎる
しかも風は山頂付近の強風をはるかに超える爆風で
スピード出すと吹っ飛ばされそうになる

怖いのでスピード抑え目で下るがそれでも寒い
寒さと突風で頭がいっぱいでこの間は写真撮る余裕もなし



20141011_31

蓮池まで下りてようやく心にゆとりができた

写真では分かりにくいけど名前のとおり蓮が一杯の池です
周囲の木々はもう紅葉し始めている

ここからは寒さも風も和らぎ快適な紅葉ダウンヒルを楽しめた


人里に下りて暫く走るといつの間にか高速道路みたいな道に入りこんでいた

ここ自転車で走ってもいいのかな?

途中にICとかもあるし、ビジュアル的には殆ど高速道路なんだけど
普通に国道走ってきただけだし・・
自動車専用なんて標識もないし・・

若干不安に思いつつも下り基調の良い道なので50km/hオーバーで爆走



20141011_32

旅の最後は善光寺

長野駅に近いし時間もあるので寄ってきた

門前の商店街は混雑してたけど境内はわりと空いてる

自転車は脇のクルマ止めに立てかけて本殿まで歩いてお参りしてきました


PM 3:00 再び長野駅に到着
最初は正面側にいったら駅舎工事中&人間多過ぎなので
裏口に回り出発時と同じ場所で自転車を輪行袋に詰めた


PM 4:00 名古屋行きの特急にのって帰路についた


今年は一日の走行距離を80km程度にしたので余裕のある旅になった
やはりこのくらいの距離が丁度良いようだ





ひとりでツーリング | 18:24:20 | コメント(0)
渋峠サイクリング 一日目
20141011_29

今年も時期をずらした夏季休暇で輪行旅に行ってきました

今回の目的地は渋峠

サイスポの特集を読んで以前から一度行きたいと思っていた場所です

ここに書かれているとおり「写りゆく景色、空気感、すべてが非日常的」な印象深いルートでした


一日目のルート

 長野まで輪行~菅平~鳥居峠~嬬恋パノラマライン~草津温泉

 走行距離:76km、累積標高:2260m

初日のルートはブルベコースにすると良さそうな道だったけど名古屋からじゃ遠すぎて無理かな



20141011_01

AM 8:00 ワイドビューしなのにのって長野に向かう

指定席は団体客が占拠していて取れなかったので
自由席の最後尾を確保し座席の後ろに輪行袋を置いた

名古屋から長野までは特急でも3時間かかり結構ヒマ

松本までの車窓から見える道はブルベで走った道も多く
「ここ走ったことあるな・・」などと思いだしながら時間を潰していた

木曽福島あたりで御嶽山が見えるかと思ったけど車窓からは全く見えない



20141011_02

AM 11:00 長野駅に到着
駅裏口に出て早速バイクを組み立てるが1年ぶり2回目の輪行なのでテキパキとはいかない

AM 12:00 ようやく出発
長野市街は赤信号に引っかかりまくる



20141011_03

見覚えのある建物
長野オリンピックのスケート競技場だな



20141011_04

千曲川を渡る橋
長野は快晴だけど天気予報によると群馬は曇りで日が暮れてからは小雨になるらしい
この天気がどこまで持つのか気がかりだ



20141011_05

大笹街道に入るとクルマも減り快適なサイクリングロードになる
1000mほど淡々と上り続けて菅平に到着
この辺りから雲が多くなってきた

菅平スキー場の近くにコンビニがあったけどまだ2時間しか走ってないのでスルー
しかしこの判断は大誤算

山岳&田園ルートの往路はルート上に殆ど店はなく次のコンビニは45kmも先だった
自販機ですら40km先まで見つからないという予想外の展開
こればかりはルートラボで線引いてもわからない



20141011_06

鳥居峠を越えて群馬県に突入
天気予報通り今にも降りそうな雲になってきた
高原地帯だしけっこう寒い



20141011_07

鳥居峠から少し下ったところで「つまごいパノラマライン」に入る



20141011_08

webで下調べしたとおり走りやすく自転車向きなルート
ただし平日のためか人もクルマも殆どおらず淋しすぎる。休日ならまた違うかも



20141011_09

しばらくキャベツ畑の中の道を走り続けると「愛妻の丘」ってのがあったので寄り道



20141011_10

小高い丘の上は広場になっていて景色良さそうだったけど曇りで遠くが見えない
晴れてたら正面に浅間山が見えてるはずなので残念


ここで家から持ってきたカロリーメイトとボトルに僅かに残ったドリンクを補給
ついにボトルが空っぽになってしまった

愛妻の丘の道路図を見ると国道に出るまで23kmもある
この調子の道が続くならコンビニなんて期待できない
せめて自販機ぐらいないかと思いながら出発



20141011_11

前半は田園地帯だったパノラマラインも後半はプチ山岳地帯になり喉が渇く
途中に小さな集落はあったけど自販機なし

だんだんハンガーノックっぽい感じになってきた

菅平コンビニから40km、愛妻の丘からでも20kmの地点まできてようやく自販機発見
ここで暖かくて一番カロリー高そうなカフェオレを飲む

宿泊予定の草津温泉まで数キロしかないのですぐに出発するが
いままでの脚の重さが嘘のように軽くなった
こんなに即効で補給が効いたのは初めてで少し驚いた



20141011_12

PM 5:00 草津温泉に到着
とりあえず湯畑の前で記念撮影

湯畑周辺の温泉宿が密集している辺りは激坂だらけ
20%くらいの坂に囲まれている
まあヒルクラするわけじゃないのでどぉってことないけど
ロードバイク初心者だと少しビビルかも

ホテルにチェックインしてさっそく温泉で汗を落とす
平日なので広い湯船はガラガラ

温泉の後は食事まで時間があったので部屋のユニットバスでウエアの洗濯をした
コインランドリーがあればこんなことしなくても済むんだけど
ビジネスホテルじゃないしそんな設備はない

ハードルート過ぎた去年の反省から今年は軽めのルート設定にしたので
時間的にも体力的にも余裕をもって一日目を終了




ひとりでツーリング | 23:55:51 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。