■プロフィール

スカイどん

Author:スカイどん
山岳ツーリングが好きな週末チャリダーです

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


■検索フォーム

■リンク
■天気予報

■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハンドルネームとペダルを変更
最初にハンドルネーム変更の話

このブログを初めて4年と2ヶ月

最初のハンドルネームは「グラコロ」で途中から「KeTA」に変えたけど

ここでもう一度変更して「skydon」(スカイドン)にします

鷹組チーム内のハンドルネームなんだけど今後はこちらに統一

このブログは鷹組入隊前から書いていたのでハンドルネームもそのまま使ってきたけど、

だんだん二つのハンドルネームを使い分けるのが面倒になってきました

最近はブログの更新頻度も少なくて自分でも「KeTA」の方を忘れかけてるしね・・

そんなわけでこれからは「skydon」です



ここからはペダル変更の話

今使ってるのはLOOKペダル。ビアンキが KEO2MAX で マドンは KEOブレード

デザイン的には KEO2MAX のほうがカッコイイと思うけど新しい物好きなので

マドンにはカーボンバネを使った新型のKEOブレードを付けてましたが

それを今日の練習会からはビアンキと同じKEO2MAXに変更しました



20140112_01

今まではこれ



20140112_02

これからはこっち



なんでわざわざ格下グレードに変更したかと言うとね・・・



固いんだよ。KEOブレードは・・・



スムーズに外せなくて何回も立ちゴケしそうになった

外しやすいKEO2MAXのビアンキとの落差もあって焦る

これは緊急時に外せないかもしれない

 咄嗟に外せない → 立ちゴケ → 車道側に倒れる → クルマに轢かれる

このパターンは嫌なのでペダル変えました


スプリングテンションはKEOブレードが12Nm固定、KEO2MAXは12~18Nm

KEO2MAXは最弱の12Nmで使ってるので数値的には同じはずだけど実際の固さは全然違う

これはバネの種類が異なる為だと思われる


金属バネの場合 「荷重=バネレート×変位量」 なので最初の荷重は小さい

なので普通の金属バネのKEO2MAXはリリースする時の荷重は12Nmよりずっと小さくなる

たぶん目一杯引っ張った時が12Nm


一方、カーボン板バネのKEOブレードは最初が固い。

カーボンプレートがつっかい棒になって目一杯頑張っているのでなかなか動かない。

こいつは最初から12Nmだと思う

薄板を立てて上から押すことを想像すればわかると思います


KEO2MAXに変えて信号停止時のストレスが無くなり安心してマドンに乗れるようになりました

好みの問題ではあるけど新型なら良いってもんじゃなかった





スポンサーサイト
バイク& パーツ | 16:47:34 | コメント(0)
Newマシン
20130705_01


発注から67日目ついにNewマシンがやってきた

プロジェクトワンはカラーの選択肢がありすぎるので
発注してからも本当にこの色で良かったのかと悩んだりしたけど
実物を見て安心した


カッコいい~(^o^)



今日はショップの駐車場で少し乗っただけ

かるく乗っただけでもフロント周りの軽さは実感できる

あとブレーキの効きも問題なし

カーボンホイールはブレーキ効かないって言うけど、さすがは新型DURAのブレーキ

アルミリムだと怖いほど効くらしいけどカーボンだと丁度違和感が無いレベル


楽しみなシェイクダウンは来週末 (雨天順延)




バイク& パーツ | 20:09:12 | コメント(0)
次期主力戦闘機
ゴールデンウィークに発注した次期主力戦闘機がショップに入荷したので

ポジション合わせに行ってきました



20130702_02


2ヶ月も待ったのにこれから組み立ての順番待ちなので

実戦配備は梅雨が明けるころになりそうです

まちどおしい




バイク& パーツ | 21:34:41 | コメント(2)
POWER CAL
エンデューロやヒルクライムやる人は自分のパワーがどのくらいか知りたいよね?
たとえ貧脚でも・・たとえレースの雰囲気を味わいたいだけでも・・
とりあえず知りたい

でもパワータップやSRMは高すぎる
そんな物を買っても苦しいパワートレーニングなんかするわけがない



20130312_01

・・と言うわけで CycleOps の POWER CAL を買いました

お値段はパワータップやSRMの10分の1以下
その分精度は劣るけどそれは問題じゃない
現在の速度、この坂の斜度、それと同じ程度の興味なのでこれで十分



20130312_02

ガーミンの心拍センサーより一回り大きい程度
小さくて軽くて・・本当にこんな物でパワー計測できるのか疑いたくなる
ベルトはガーミンの物とまったく同じ



20130312_03

説明書は6ヶ国語分あるが日本語は無いので
この中で唯一解読できる可能性のある英語版を読んでみるが
胸にセンサー着けてディスプレイ側のハートレートとパワー表示の
設定をしろと書いてあるだけなので細かく解読するまでもなく
Edge500の設定に入り何の問題もなく設定完了



20130312_04

センサーを装着してスクワットを10回してから撮影した
左がリアルタイムのパワー表示
右は30秒平均のパワー表示

スクワット中は400wくらいを表示していたが写真を撮るために
止まってシャッター切るまでに282wに落ちた
そんなにパワー出ているとは思えないが今日のところはパワー計測が
動くかを確認しただけなので良しとしておく
実際のチェックは週末の実走行までのお楽しみです


動き始めの反応はわりと良くてスクワットを始めるとすぐに値が上昇する
動きを止めると数秒かけて値が下がり0wになる

心拍からパワーを算出する仕組みらしいが体の動きを止めても
心拍は止まるわけじゃないのにパワーはちゃんと0wになるのが不思議

新しいオモチャを入手して週末が楽しみです




バイク& パーツ | 20:03:12 | コメント(4)
ホイールバランス
以前から気になっていんだけどチャリをスタンドに吊るすと
前輪はゆっくり回転してシーソーのように行ったり来たりし
最後は必ずバルブが8時の位置で止まる
後輪はチェーンが掛かっているのでそこまでは動かないけど同じような気配がする
要するにホイールバランスが悪いのだ

綺麗にバランス取れたからといって、それで速くなったり
楽になったりを実感することはないだろうけど
どの位置で止めてもゆっくりと回転していつも同じポジションで止まる前輪を見るとスッキリしない


そういうわけで、こんな物を使ってホイールバランスを取ってみた


20130121_01

ゴルフクラブ用のバランスウエイト

薄い鉛シートですね
一個2.1グラムが8枚で250円


前輪への取り付けは簡単
まずチャリを逆さまにしてタイヤを上にする
バランスの悪い状態では必ず同じ部分が上にくるのでそこにウエイトシールを貼るだけ

2枚貼ったところで調度良いバランスになった
ゆっくり回すと自然に止まり毎回違う位置で止まるし逆回転もしない


後輪は少し面倒
チェーンを外せば良いのだけど面倒なのでこんな方法にした (^^;
チェーンリング側はチェーンをインナーの内側に落としておく
スプロケット側はトップ側にしてから指で摘まんでチェーンを浮かす
この状態で空転させてバランスを見る

こちらも2枚で4.2グラムのウエイトを装着



20130121_02

ウエイトシートは黒色なので目立たないし幅も10mmでピッタリ


こんな物で効果を体感できるとは思っていないけど多少の期待はあります
実走は週末になるけど何か感じることはできるだろうか??




バイク& パーツ | 22:32:43 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。