■プロフィール

スカイどん

Author:スカイどん
山岳ツーリングが好きな週末チャリダーです

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


■検索フォーム

■リンク
■天気予報

■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
王滝DNS
パラパラ程度なら出走するつもりだったけど

台風接近でそれなりに降るようなので今回はDNSです

私の技量ではウエットコンディションのガレ場を走るのは危険と判断しました

MTBド素人だけど多度山トレーニングしてるのでそのくらいは見当つきます

雨じゃあ景色も見えないしね

またいつか挑戦します



スポンサーサイト
その他(自転車) | 19:55:50 | コメント(0)
来週は王滝
来週のSDA王滝100kmにエントリーしています

普段の週末はロードバイクしか乗らないし

通勤用のMTBはオンロードタイヤを装着してて舗装路しか走りません

でも王滝に出ます (雨ならDNSだけどね)


やりたいことはやってみる

おっさんだし、こんなこといつまでできるか分からない

だから無理かもしれないからやめとこう。。じゃ勿体ないでしょ


そうは言ってもガシガシ本気レースモードで走るわけじゃなくて
まったりオフロードツーリングのつもり

まず今年は雰囲気を味わってみる
来年から本気モードになるか、それとも二度とやらないか・・
それはやってみないとわからない



20130908_01

雰囲気を味わうだけといってもオンロードタイヤじゃ無理なので少し装備を変更しました

 まずタイヤをブロックタイヤに変更(あたりまえだろ)

 ブレーキパッドはシンタードに変更(ホントに必要かはわかわんけど雰囲気で・・)

 スプロケットは11-32Tから12-36Tに変更

とりあえずこれで挑戦だ


夏前に王滝用のフルサス車を買いにショップに行ったんだけど

どこで方針が変わったのか?? いつのまにかマドンを買っていた

と言うわけで今年は通勤チャリで出走します



マシンの準備はできたので次は多度山でオフロードトレーニング

もちろんいつもの舗装路側じゃなくてオフロード側に向かう

オフロード側を走るのは数年ぶり

しかもオフロード側を下ったことはあるけど上るのは初めてです


多度山のオフロード側ってガレガレなのはわかってたけど想像以上に勾配がキツイ

体力的には問題ないけどこれはパワーだけじゃ上れないね

ダートの急勾配はテクニックが必要だってことがわかった

もちろんテクニックなんて持ってないから安全重視で無理なところは押して歩きました

王滝にもこんな急勾配があるのだろうか?

当然あるんだろうな・・(^^;

あったら無理せず素直に押し歩きですね

だってガレガレの路面で落車したら相当痛そうだから・・


来週の天気は微妙な感じ。なんとか雨降らないことを祈ります

MTBど素人だけどさほど不安はないですね

まあ何とかなるだろう





その他(自転車) | 21:32:24 | コメント(0)
セッティングだったか
マドンが来てから先週までにマドンで4回、ビアンキで1回走行したけど

マドンの4回は全然走れない、軽快感なし、やけに脚が疲れるって感じで

ハイエンドマシンの良さがまったく分からなかった


途中ビアンキで走った時は超軽快(この時体調良かったってのもあるけどね)

高速ローテ爆走訓練でもリズム良く脚が回って気分良かった

でも翌週のマドンでは脚が重~っ・・で全然ダメ


正直言って「やっちまったか・・(ToT)」って思った

高価なハイエンドマシンは私には不相応過ぎたか・・って。。

貧脚の俺にはマドンの高剛性フレームよりもウイップ感のある

ビアンキのコンフォートフレームが合ってたのかと・・



昨日2台の各部寸法を入念に調べてマドンのセッティングをできる限りビアンキに近づけた

ハンドルバーは少し下がり目から少し上がり目に変更

サドルは10mm前に、そして12mm下に

どうもサドルの高さが一番問題だった気がする

調べて見るとビアンキとマドンでBBドロップが12mm違う

実測でもサドルからBBまでの長さが15mm違う(3mmの差はサドルクッションの厚さ)

クランクも5mm大きいのにしてるからマドンの方がサドルから
クランク下死点まで20mm長くなってるわけだ

サドルの高さはほぼ同じなので気がつかなかったけど20mmも違ってりゃ
しっくりこないのも当然だ

サドルのクッション分は除いて差は17mm、5mmくらいは様子見ってことで
12mm下げてみた。

(元々ビアンキももう少しサドル上げたかったけど車載時に天井につっかえるから
止めていたって経緯もあるので)



そして今日、新しいセッティングでチーム錬

「おおっ 全然違うぞ」

脚の回り方がビアンキの時と同じになった

違和感のある脚の疲労も無い

そして速い、軽い

ビアンキよりも巡航速度が明らかに上、しかも楽
(出てる速度のわりには楽ってことね。疲れないわけじゃないよ)


よかった (^o^) ハイエンドフレームは貧脚でも効果実感できるんだ

これで一安心。これからが楽しみです




その他(自転車) | 20:05:53 | コメント(0)
少しだけインプレ
Newマシン登場から1ヶ月、仕事でも家庭でも色々と忙しくて
まったくブログ更新できませんでした

でもブログ更新してないだけでチャリにはしっかり乗ってます
・・というかダレ気味になるいつもの夏と違って今年の夏はちゃんと走ってます

とは言うもののMTBで近所の山に上ることが多くてマドンは練習会で3回乗っただけ
そんなわけでマドン7の凄さはまだわかりません
私の脚力レベルでは永遠にわからないかも・・ (^^;


今のところ感じてるのは車体の軽さと言うよりはフロント周りの軽さですね
まだ慣れてないのでチョット不安定な感覚がある

平地のスプリントや高速巡行は感覚的には感じるものは少ないが
実際は今までのマシンより確実に速い (これも感覚的な話なんだけどね)

間違いなく速いと思うが「うぉぉぉぉメッチャ速えぇぇぇ」って感じじゃなくて

「うぅぅ・・なんか疲れる(ToT)」って感じ

固いフレームは脚にくるってのはこういうことか?


上りに関してはダンシング時はあまり感じるものはないけど
シッティングで攻める時は明らかなアドバンテージがある
「おおっ。なんかいつもより回転が良いぞ」って感じ

もともと自分はシッティング派でダンシングは苦手だからかもね

どちらにしてももっと走りこまないとNewマシンの良さは見えなさそうだ




その他(自転車) | 22:15:56 | コメント(2)
初パンク
ロードバイクに乗り始めて3年8ヶ月
今まで一度もパンクしたこと無かったけどついに体験しました

これまでは絶大な信頼を寄せるコンチGP4seasonを装着したカンパzondaを普段履きにしてたけど、先週からコンチAttack&Forceを装着したSRAM S30を普段履きにしてます

強力なパンクプロテクションの入ったGP4seasonに比べてAttack&Forceの
パンクプロテクションは皆さんが普通にパンクしてるGP4000Sと同じレベルなので
若干の不安を感じていたが変更してから2回目の走行でさっそくパンクした



今日の鷹組練習会で高速ローテーション走行中に突然・・・


パァァン


ん・・今の音は俺の前輪なのか??


音だけで何も異常がないので状況がよく分からなかったけど

とりえず脚を止めて惰性で転がって様子を見てたら

再び パァァン

軽い衝撃が走り急にコントロールし辛くなった

前輪を見ると完全にパンクしてリムと路面の間にエアの抜けたタイヤが挟まってる状態

これはヤバイ(*o*;)

タイヤが外れないようにゆっくり停車

最初のパァァンからエアが抜けるまで少し時間があったので減速できたけど

全開走行時にいきなりエアが抜けなくて良かった

多分そういうパターンもあるんだろうな・・ 怖っ ( ゜_゜;)


今回はリム打ちパンクなのでタイヤのパンクプロテクションの差というより
Attack&Forceは前輪が22cなのでエアボリュームが小さい影響かと思う


初パンクなので道端でパンク修理するのも初体験
CO2ボンベ使うのも初めて。

CO2ボンベはメッチャ楽で感動しました
面白くてもっと使ってみたい・・イヤ (*o*) 使いたくない




その他(自転車) | 20:33:31 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。