■プロフィール

スカイどん

Author:スカイどん
山岳ツーリングが好きな週末チャリダーです

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2011年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


■検索フォーム

■リンク
■天気予報

■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブルベ名古屋200km(本編)
20110130_07

つらら~

ブルベ初参戦なのにいきなり過酷な天候
できることなら初戦はもっと穏やかに迎えて欲しかった。。





20110130_01

まだ暗いうちから受付開始
初めてで要領がわからなかったけど
ちょうど まるよさん がいて教えてくれた
助かりました(^-^)



20110130_02

スタート直前
車検が終わったら発車okってことで6:45頃にはスタート開始

私はトイレに行ったり荷物を確かめたりでモタモタしてたので6:58スタート
すでに殆どの人は発車してしまい残ってるのは数名
いきなり独りぼっちだけどナビがあるので慌てはしない
寒いのでゆっくりマイペースで走り出す



20110130_03

しばらく走ると遠くの方に他の参加者が見えてきたけど
岡崎市内は赤信号で止まってばかりでちっとも追いつけない
インター近くまで来てようやく集団に追いついた

そして田んぼゾーンに入ったところで らうむさん、ペダルイ2号さん
いちゃむさんに追いついた

ようやく走りやすい道になったので少しペースアップ
音羽あたりから雪がチラつき始めた
そのうち止むだろうと思ってたけど新城に入るとさらに激しくなり
ナビが雪でびしょびしょになってきた
防水じゃないのでこのままじゃマズイ
キューシートも持ってるけどナビが故障したら致命傷だ



20110130_04

ナビに防水カバー(コンビニ袋)を装着
このままじゃ画面が見えないが壊れるよりはマシ

PC1のコンビニに付くと恵壱さんがいた。マシンは今回もミニベロ
チェックポイントでは何か買ってレシートを貰わなければならないので肉まんと缶コーヒーで補給

ここまでは快調だったけど、PC1を出て5kmも行かないうちに異変が・・・
山ゾーンとはいえ、どってことのない緩斜面なのにペースが上がらない
クロスバイクの人に抜かれてどんどん離されていく
ちょっと休憩足りなかったかな・・と思いながらも走り続けて山頂のトンネルに到着



20110130_05

トンネル付近はこんな感じ
ブルベじゃなかったらこんなときは絶対走らない



20110130_06

クランクも氷浸け



20110130_08

寒い・・


県境を越えて平地に入ると脚の疲れが酷くなってきた
途中の上りで両足の太股裏側が攣ってしまったので道端でカロリーメイトをかじりながら休憩
しばらく休んでたら らうむさん と いちゃむさん が追いついてきたので再び走り出す。

少し休憩したら脚の疲れは若干回復した
カロリーメイトが効いたのかな。
だとしたらガス欠だったのか?

浜名湖の道で恵壱さんとすれちがう。鰻屋に寄って行ったのだろうか
自分も鰻屋に行くつもりだったけどPC2を折り返して鰻屋まで行く体力は
残ってなさそうなので昼食はPC2のコンビニで済ませることにした


昼飯後さあ出発って時に補給食買い足してたら
また皆いなくなっていた。朝と同じだ(^^;)



20110130_10

20110130_09

新城と違って浜名湖は良い天気
でも気温は低いし、かなりの強風
湖岸の道は横風で車体が斜めになりながら走る



20110130_11

鰻の清水屋あたりで らうむさんとペダルイ2号さんに追いついた
蒲焼の匂いが道に漂っている。寄れなくて残念


再び山ゾーンに入るが脚の状態はイマイチ
力を入れると太股裏が攣ってしまうので最軽ギアでゆっくり上る


20110130_12

午前中は凍りついていたトンネルもすっかり解凍済み

トンネルを越えると待ちに待った下りゾーンなのだが
もともと緩斜面なうえに強力な向かい風の為しっかりコギコギしないと
全然進まないという予想外の事態
楽できると思ったのに全然楽できない (TOT)
最後のPC3からゴールまでも一見下り基調のような気もするが
実際はただのアップダウンルートなので全然楽じゃない

本宿あたりでライトを点灯
明るいうちにゴールしたかったけどまだ20kmくらいある
岡崎市内に入る頃には完全に日が落ちた


かなりヘロヘロになって 18:41 ゴール
無事完走しました


今回は早々にヘタレてしまい腰を上げられず
ずっとシッティングだったのでお尻がイタイです




スポンサーサイト
ブルベ | 19:55:21 | トラックバック(0) | コメント(5)
ブルベ名古屋200km(速報)
ブルベ初参戦。なんとか完走

タイム 11:43

GPSのログから算出した自分の走り初めから走り終わりまでの時間です

公式タイムじゃありません。公式タイムは聞くの忘れた
スタートでモタモタしてたので公式タイムはもっと遅いと思います



ブルベ | 22:52:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホイール欲しい・・・続編
ホイール着せ替えの続編。。というか


結局ぽちっとやってしまいました




20110122_08



20110122_06



20110122_02

SRAM S30AL Race

リム高  30mm
リム形状 ハイブリッドトロイダル


カンパじゃなくフルクラムでもなくスラムを選んだのは
ヒルクライムとサーキットの両方で使うために軽量だけじゃなく
エアロ形状も欲しかったから

リム高は50mmくらいないとあまりエアロ効果ないらしいけど
SRAMはZIPPの技術を使ったトロイダル形状リムを採用している
ZIPPのトロイダルリムは32mmで他社の50mm以上の
エアロ効果があるそうだ。(本当だと信じたい(^^ゞ)

SRAMはZIPPを傘下に収めているのでZIPPのテクノロジーを使い放題だ
というかSRAMのホイールはZIPPが作ってるんじゃないかって説もある
実際SRAM-S30とZIPP-101は同じとしか思えないほど似てるし




20110122_07


グラフィックはステッカーじゃなくてプリント塗装
リムの白い部分はソリッドじゃなくてパールホワイト
ハブの仕上げも美しく見た目は想像以上にグッド


20110122_03

S30ALraceと下位グレードのS30ALsprintはハブが違うだけなのに
国内価格は37,000円も違う。差額だけでRacing5が買えてしまうぞ
一体どんな素敵なハブが使われてるんだろう?
すくなくともセラミックベアリングではないし
美しい仕上げにコスト掛けてるんだろうか・・?
見た目の満足感は重要だからそれでもOKだけどね

これもZIPPなのかなと思って調べてみたら
やはりZIPPの88/188ハブと形状や寸法が同じですね








さっそく体重測定

 カタログ値  1430g(フロント645g, リア785g)
 実 測 値  1545g(フロント710g, リア835g)



なめてんのか (-_-メ)



リムテープ2本分で40g差し引いても 1505g
まだカタログ値より75g重い
多少の誤差はしかたないけどせめて1400g台に入って欲しかった


よくよく調べると1430gはGIANT-JAPANの数値で
SRAM-USAだと1460g(フロント665g, リア795g)になってる
なんで違うのかはわからないけどこちらを基準にすれば誤差は45gほど
まあこんなもんか・・・と思っておこう



これでホイールセットが2組になった
S30はレース&タイムアタックがメイン
ツーリングやブルベは今までどおりキシリウムを使います





20110122_01

とりあえずイメージ画像
まだチューブが届いてないので実車には装着できません





バイク& パーツ | 23:06:16 | トラックバック(0) | コメント(5)
ホイール欲しい・・・
最近いろんなところでマシンを新調したりホイール買ったり。。


いいなあぁ・・ (-.-)



暇なので指をくわえるついでにホイール着せ替えをしてみた






20110116_01
FULCRUM RACING SPEED XLR

おぉっカッコえぇ
フレームカラーとマッチングも上々
でもディープリムは横風に弱そうだから普段使いにはできないよな・・
ヒルクライムにも向かなそうだし・・

ハハッ(^^ゞ そんな心配は不要
チャリ本体より高いホイールなんてどうせ買えないから




20110116_02
FULCRUM RACING ZERO

けっこう履いてる人の多いFULCRUMのノーマルアルミリム
リアスポークの感じはなかなか良いけど赤色要素が多くて
ちょっとフレームカラーと合わないかな





20110116_03
CAMPAGNOLO SHAMAL

某H氏が欲しかった代物
リアスポークがカッコ良く見えたりスカスカに見えたりでちょっと微妙だけど
グラフィックはフレームデザインと合ってる気がする





20110116_04
ZIPP 808

ZIPPの威圧感は強力だね
これで鈴鹿を走ったら優越感に浸れそうだ
やっぱディープリムはカッコいい





ホイール着せ替えはけっこう楽しいぞ (^-^)

やり方を書いておくので暇な人は試してください


用意する物
 ・EXCEL
 ・自分のチャリの画像
 ・着せ替えしたいホイールの画像

 画像はメーカーホームページあたりから拾ってくる
 この説明はEXCEL2003の場合の説明です
 EXCELの基本的な使い方は自分でなんとかしてね


着せ替えのやり方

 1.ホイール画像をトリムする
   ペイント等の画像ツールを使ってホイールの直径と同じサイズの正方形に切り出す
   (フロント、リアで別々のファイルにしとく)

 2.チャリ画像をEXCELに取り込む
   [挿入]-[図]-[ファイルから]

 3.オートシェイプの楕円を出してホイール画像を取り込む
   [オートシェイプの書式設定]-[色と線]-[色]-[塗りつぶし効果]-[図]-[図の選択] で
   ホイール画像を取り込む (図の縦横比を固定するにチェックを入れておく)

   [オートシェイプの書式設定]-[色と線]-[色]-[線]-[色] を「線なし」にする


 4.ホイール画像のオートシェイプのサイズを調整してチャリ画像に重ねる


 ※フロントフォークやリアステーも描きたい場合は楕円と同様にしてフリーフォームに画像を取り込む
   [オートシェイプ]-[線]-[フリーフォーム]



その他(自転車) | 00:29:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
そろそろタイヤ交換
最初に業務連絡
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ハンドルネームをマイナーチェンジします
表記「KeTA」はそのままで

読み仮名を「け~た」から 「けた」 に変えます

理由は自分自身が「けた」としか読めなくなってしまったから
だって普通に読めば「けた」だもんね (^^;)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さて本題

後輪がだいぶ減ってたので昨日前後ローテーションしました
これで後輪は多少減ってる、前輪はかなり減ってるという状態になった
ちなみにマシン買ってから1年2ヶ月で走行距離は5600km
新車に付いてたタイヤをまだ使ってます

そして本日は新年初走行
遠くに行ったわけでもなく近所のコースを走ってきただけなんだけど
なんか走りが重い・・
スピードが乗らない・・
いつもより疲れる・・

正月の飲み食いのせいかと思ったけど、そんなに体重増えてないし
走り納めからのブランクもそんなにあるわけじゃない
ジムでエアロバイク乗っても調子悪くなかったし・・

もしかして磨耗前輪のせいなのか ??
前輪はけっこう磨耗していてタイヤ中央に幅1cm以上の平らゾーンができている
これのせいで走行抵抗が増大しているのだろうか??

春になるまではこのタイヤを使って伊吹山から
新タイヤにしようかと思ってたけどやはりもう限界なのか


最初から付いてたタイヤは VittoriaのZaffiro
別に不満もなかったのでそのまま一年以上使っていた
下りなら60km/h以上出るし(ロードバイクならあたりまえか)
パンクは一回も無いし(これはけっこうエライ)
なにぶん初めてのロードバイクに付いてたタイヤなので
こういうものだと思ってたし、むしろ良いタイヤだと思っていて
一時は本気で次もZaffiroにしようと考えてました
なんてったってパンクしないから (^^ゞ

でもネットで調べると評価は低く他のタイヤよりかなり性能は劣るようだ
Zaffiroの重量は 350g
えぇ~ぇそんなに重いの (*_*)
昨日までは280gくらいかなって思ってたけどワイヤービードなのでもっと重かった
一年前は「さすがロードバイクのタイヤは軽いなぁ」なんて思ってたけど
もう騙されないぞ(`´) おまえは太った豚だ
いくら実買1000円程度とはいえ350gはないだろう
他のタイヤは3000円出せば200gだし、もっと出せば150gくらいになる

バネ下重量はバネ上重量の10倍影響するらしいから
(ロードバイクはバネ付いてないけどね)
良いタイヤに比べると理論上は前後2本分で3kg~4kg相当の
重りを積んでたことになるのね(-_-)

安物だから値段相応の性能なのはしかたないけど
これじゃさすがに次もZaffiroってのは無い

そういえば昨日Zaffiroを外したとき触ったら硬い感触だった
しなやかさは無く単に硬いだけ、薄いプラスチックのような硬さ
たしかにこれだけ硬けりゃパンクせんわな・・
粗い路面でスピードがすぐ落ちるのもこの硬さが原因なのね




さて次は何にしよう・・・


選定ポイント(重要順)

耐パンク性能
 これが一番大事
 みんなでツーリング中にパンクで取り残されるのはイヤ
 一人で走ってるとき山奥でパンクするのはもっとイヤ

耐磨耗性能
 ハイグリップでもすぐ減ってしまうのはNG
 やはり一年、5000kmはもって欲しい

重量
 他のタイヤ履いたことないので良くわからんけど
 タイヤ、ホイールの重量は走りに大きく影響するらしいからね

転がり性能
 スムーズに回る方が気持ちいいし疲れも少ないからね

グリップ性能
 飛ばすのは直線だけ。コーナーはゆっくり走るので
 グリップは重要視してません



検討の結果、新タイヤに選んだのは

Continental Grand Prix 4 Season

強力な耐パンク性能が決め手。気になる重量は220g
お値段は地球の裏側から取り寄せるので2本で7000円ほど
新タイヤは名古屋BRM200でデビューですな





その他(自転車) | 18:17:02 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。