■プロフィール

スカイどん

Author:スカイどん
山岳ツーリングが好きな週末チャリダーです

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


■検索フォーム

■リンク
■天気予報

■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
BRM322名古屋300km(分析編)
20140325_01

ちょっと休憩が多すぎたか?


今回のテーマは休憩

そうは言っても最初から休憩パターンを検討していたわけじゃなくて
意識し始めたのはPC1を過ぎてから

今回の名古屋300kmは3ヶ所のPCがあっておよそ75km間隔になってる

75kmってのは微妙な距離で長いと言えば長いけど
休憩なしで走ろうと思えば走りきれる距離です

いつもの自分だと75kmなら30km地点で走りながらスニッカーズを
かじって補給して停止休憩はせずに走り切る距離だ

今回もスタートからPC1までの81kmは走りながら補給しただけで
途中の休憩はしなかった

PC1からPC2までの76kmも休憩は無しで走るつもりだったけど
コースが上りばかりなので40km進んだところでドリンクが空になってしまった

そこまでの上りと向かい風のダブルパンチで脚も回らなくなっていたので
丁度良いタイミングだと思って自販機で10分程度の休憩を入れた

そうしたら再出発後の長い上りでも軽快に脚が回るし
下呂駅からPC2までのダラダラ上り&向かい風もしっかり走れるじゃないか


おおっ。。

これは止まらずに補給した場合とは明らかに回復度合いが違うぞ (^o^)


自販機休憩前の感触だと休憩入れずにそのまま走ってたらかなり
グタグタな状態になったのは間違いない

今までは疲労困憊して休憩しなけりゃどうしようもない状態に
なってから休憩することはあったけど体力が残ってる状態で
30km間隔の休憩を入れたことはないので目から鱗な感じだった


PC2~PC3、PC3~ゴールでも途中で10分程度の休憩を入れたみたが
その効果ははっきりと感じられた

休憩で10分ロスしてもその後で軽快に走れるので
トータルタイムはそんなに変わらないと思う

それにこの走り方なら終盤で疲労困憊して辛い思いをすることも
避けられそうだ

もしかして先週の中部200kmであまり疲れなかったのは
35km間隔でPCがあったからなのかもしれない

疲労を深く蓄積しないので翌日以降の体力回復にも効果あるかもしれないし
次回もこの休憩パターンを試してみるか・・




スポンサーサイト
ブルベ | 21:05:09 | コメント(0)
BRM322名古屋300km
20140323_09

BRM322名古屋300(下呂コース)に行ってきました



20140323_01

今回は遅れずにスタート地点に到着
気温は2℃程だけどそんなに寒くは感じない



20140323_02

ブリーフィング聞く人も200kmよりは少なめな感じ
すぐに気温上がりそうなきがしたのでウインドベストを脱いでスタート



20140323_03

堤防から国道に下りる信号で大渋滞
なかなか信号変わらないのでどんどんブルベストが溜まっていく
数えたら50人近くいた

堤防下りてから暫くはスローペース
ちょっと遅すぎるな・・と思ってたら恵壱さんが飛び出したので
そのまま後ろに付いていった

その後も5人パックを恵壱さんが引いていく
緩坂地帯ではちょっとペース速いなと思いつつ付いて行ったけど
山岳地帯に入ったところでこれ以上クライマーに付いていくのは無理と思い離脱

そこからはマイペースに戻すが序盤のハイペースで既に脚が消耗気味だ



20140323_04

最初の峠では気温 1℃

凍結注意と表示されてるその下は本当に凍結していた



20140323_05

先週の中部200kmでも通った狛犬の前を通過し今度は恵那方面へ


PC1のコンビニでパンとおにぎりを食べてたら向かい側に五平餅の店を発見

しまった・・

補給は五平餅にすれば良かったと思うが既に腹一杯なので諦める



20140323_06

昨日の寒波で少し雪をかぶった御嶽山

この山にもいつか自転車で行ってみたいもんだ



20140323_07

良い天気だ
今年3回目のブルベだけど今のところ全て晴天

天気がいいと装備も少なくできるし後片づけも楽で助かる



20140323_08

天気は良いんだけど往路はずっと上りでずっと向かい風が続いてた

風の抵抗を減らす為に下ハン握って上り続ける

PC1から下呂市の看板見るまではずっとこんな感じ

加子母の峠を越えると下りゾーンになるけど向かい風はさらに強くなり

上体起こすと直ぐにスピードが落ちてしまう



20140323_10

下呂駅まできた

折り返しはここじゃなくてもう少し上流の上呂になる



20140323_11

下呂駅は半年前の輪行旅でも来たけどその時の写真はデジカメ操作ミスで
消えてしまったので同じ写真を取り直しておいた


ここから折り返しのPC2までも相変わらずの向かい風で
15km程のはずだけどなかなか到着できない

途中で何人かすれ違ったけどみんな速い
そりゃそうだあちらは下りで追い風だもんな
こっちももう少しの辛抱だ。。と思い頑張る


PC2の休憩後は待望の下り追い風
下呂駅あたりまでは一気に下るがトンネルを抜けると状況が変わった

あれっ。。また向かい風じゃん (ToT)

そこから先は向かい風になったり追い風になったりで色々

基本的に強力な追い風はもう終わりだった



20140323_12

渓流の景色も最初は新鮮だけど同じ光景が何十kmも続くので飽きてくる



20140323_13

こんな堰も何箇所かあるけどみんな同じ感じ

風景が変わらないので同じところを回ってるような錯覚がしてきた


PC3を過ぎると夜間走行に突入
暗いし初めての道なのでどこら辺を走ってるのかさっぱりわからないけど
最後の峠を越えてゴールが近いことを実感してきた


豊田市内に入り残り15km地点でハイペースな人に抜かれる
その人は既に300km近く走ってるのに信号が青になると立ち漕ぎでガンガン加速していく

タフだねぇ~と感心しながら見送るけど次の信号に引っかかって追いつく
これを笑っちゃうくらい何回も繰り返すので声をかけてみたら
関東から遠征してきたAJ千葉のスタッフさんでした
結局この人とゴールまで一緒に走り22時半頃に無事ゴール

やはり夜間走行するとブルベしてるって実感がある
夜遅くまでサポートしてくれるスタッフに感謝




ブルベ | 19:31:41 | コメント(2)
BRM315中部200km(分析編)
20140319_01


今回はなるべく疲れないように終始LSDの少し下くらいで走ってました
心拍センサーは付けてないので気分的にこのくらいって感じ
平地だと汗かかない。上りだと軽く汗かく程度です


獲得標高2900mの今回の平均速度は 21.9km/hで
ゴール後もそれほど疲れてない
(疲れないように意識して走ったんだから当たり前)

ちなみに獲得標高2500mだった去年の中部200kmでは Ave 22.3km/h
この時はかなり頑張った。ゴール後は立ってるのが辛いぐらいだった


う~ん。。。

なんか頑張っても頑張らなくてもあまり変わりないような・・ (-_-;)


去年は長距離ライドで体力消耗した状態からなかなか回復できず
エンデューロレースに影響したので
今年はそうならないように色々考えて走ってます。

今回のような抑え目の一定ペースがブルベ向きの走り方なのは間違いないし
実際このペースなら400kmや600kmでも最後まで体力残せそうな気がする


でもそうは言っても今回みたいな走り方は爽快感がイマイチなんだよね

フルパワー走行の爽快感ってのがあるでしょ

「おおっ!! なんか調子良いぞ」って感じ

調子に乗って結局最後はヘタレるわけだけど、こういうのも無いと面白くない

実際に今回も最後の堤防道5kmは我慢できずカッ飛ばしたからね


次回ブルベでは「爽快」と「疲れない」の間を模索してみよう




ブルベ | 21:40:21 | コメント(0)
BRM315中部200km
20140316_10

今年2回目のブルベBRM315中部200kmに行ってきました



20140316_01

今年からスタート地点になった「すいとぴあ江南」



20140316_02

ブリーフィングが終わってスタートを待ってるときに
まだ車検を受けていないことに気づいた
スタッフの所に行き車検受けて少し雑談してるうちに
皆さんスタートしてしまい、またほぼ最後尾からの発進

でも来週の名古屋300kmもあるので今回は疲れを溜めないように
ゆっくり走るつもりなので気にしない

PC2を出たあたりでめばる君さん一行と一緒になり少し雑談
サドルを見たらみんなフィジークのアリアンテだった(自分もね)
やはり長距離はお尻に優しいアリアンテが一番のようです



20140316_03

PC2を出ると山岳ゾーンに突入
高速道路の下をくぐった辺りから見覚えのある景色になる
ここは以前のブルベで夜中に下った区間だ
夜中に一度逆走しただけの道なのに良く分かったもんだと自分でも感心

AR中部のコースは名所巡りになってることが多くて
今回も犬山城、成田山、世界一の狛犬と地元の名所に寄っていくコース設定



20140316_05

PC2の手前で今年も五平餅の「もすけ」に立ち寄る


20140316_04

五平餅(一本160円)。ここの五平餅は美味しい

上にあるのはおにぎりじゃなくてサービスで付いてきた
バナナ味のシフォンケーキ

これはこれで美味しいけど五平餅の付け合わせじゃなくて
コーヒーと一緒に頂いた方がいいような (^^;)


20140316_06

岩村からの景色
遠くに見える左側が御嶽山で右が恵那山かな?

岩村から上矢作に向かう長い下りでは前にも後ろにも誰もおらず、ず~っと一人
ナビでは正しいルートになってるけど長い間一人で下り続けてると
流石に不安になってくる

こんなに下ってもしルートミスだったらどうしよう・・
この坂を上り返すのイヤだぞ

長い下りが終わって再び上りに入ったところで
前方にブルベストを発見し一安心



20140316_07

上矢作から平谷までの国道418も数年前に一度通ったことがある
クマ注意の看板も健在

走ってると色々と記憶が蘇ってくる。ここも一度通っただけだが結構覚えてるもんだ
自動車で走りぬけるのと違って自転車でゆっくり走ると記憶にも良く残るね



20140316_09

福寿の清水
以前通った時は真夏なのでガブ飲みしたけど今回は写真だけで素通り

この辺りから折り返してきた先頭グループとすれ違い始める



20140316_11

折り返し地点の「道の駅平谷」


20140316_12

なぜかポニーと一緒に待っててくれるAR中部のスタッフ



20140316_13

昼食はAR中部スタッフのまるよさんとYさん
それに名古屋から来た参加者の方と4人で海鮮丼
私は納豆嫌いなので「ひらや丼」にして他の3人は「パワー丼」
パワー丼から納豆と卵を抜くとひらや丼になるけど値段は同じ

今年の中部600kmは累積標高が10,000mを超えるかも・・という
驚愕の情報など聞きながらお食事

Yさんは翌日も走行スタッフやるようなことを言っていた
すごいな・・400km×1なら勢いでやるけど200km×2ってキツイよね


20140316_08

復路はいきなり17kmの下りが続くので
ウインドベストを着こんでから出発
昼食休憩で体が冷えてるのでこれでも結構寒かった

復路は下り基調だけどそれなりにアップダウンもあるので
こまめにギアチェンジして低負荷高回転で疲れないように走る

標高1000mから下界に降りてきても夕方に近づくので相変わらず寒い

犬山市内に入ったあたりで過去のブルベで何回も顔を合わせてる
高山から来た人と合流し二人で最後の堤防を走り18:28に無事ゴール

辛うじて真っ暗になる前に到着

認定時間 11時間28分




ブルベ | 20:02:44 | コメント(4)
今日は多度山で・・
20140302_01

一昨日の垂井往復の疲れが残ってる感があったので

チーム練はサボって一人で多度山に上ってきた

往路は回復走レベルでゆるゆると

上りに入ってからは調子も上がってきたので

回転低めのダンシングで上った

タイム計ってないけど思ったより調子いい


頂上手前でオフロード側から細身のフレームに乗った若者が現れた

ん・・シクロバイクかな?

昨夜の雨で路面コンディション悪そうだけど

よくあれで上ってきたなと感心した


山頂公園で若者と少し話す

背が高いので「大学生?」と聞いたらなんと中学生だった


20140302_02

良く見るとシクロバイクじゃなくて普通のクロスバイク

これで多度山のオフロード側を上ってきたのか ( ̄◇ ̄;)

さすが若者。チャレンジャーだな

おっさんはドロ道がイヤなのでMTBでも舗装路側を上ったけどね (^^;)

でもさすがにクロスバイクじゃ上れない所もけっこうあって

そこは押して歩いたらしい


復路は普通ペースで走り帰宅

今日は暖かいしハイキングの人が多かった

春が近づいていることを実感




ひとりでツーリング | 14:09:58 | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。