■プロフィール

スカイどん

Author:スカイどん
山岳ツーリングが好きな週末チャリダーです

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2014年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


■検索フォーム

■リンク
■天気予報

■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
BRM426名古屋400km
20140429_10

BRM426名古屋400kmに行ってきました

GW初日の国道153号線はどこまで行っても花桃が綺麗に咲いていて
春の景色を楽しみながらのブルベでした
ただし余裕持って楽しめたのは前半だけ・・・



20140429_04

AM6:00 会場に到着
さすがに400kmになると参加者は若干少なめな感じ



20140429_05

ん・・岡崎城?
ここは豊田じゃなかったっけ?

良く見たら蟹料理の店だった
よくできてるよ。本当に城かと思った



20140429_06

香嵐渓・・だと思う
近場の名所だけど子供の頃に一度来ただけなんだよね
一緒に走ってた人がここが香嵐渓の入口と教えてくれたので
思わずUターンして撮影した



20140429_07

香嵐渓を過ぎると平谷まで緩い上りが延々と続く
ここは3年前の名古屋400kmでも通った道で見覚えがある
あの時は膝が痛くて押して歩いたりしたけど今回は快調



20140429_08

伊勢神トンネルを超えると標識に塩尻の文字が見えるようになり
まだ100km以上あるのに少し近づいた気がする

まあ実際に近づいてるんだけど普通のツーリングでは感じることのない感覚です
遠い旅をしてる感じかな



20140429_11

道の駅平谷を過ぎたあたり
標高1000m近いこの辺りの桜はまだ一分咲きくらい

桜の時期も遅いけど花粉の時期も遅いようで
稲武あたりからずっと目が痒い



20140429_12

AM 11:26 1stステージボスの冶部坂峠を制圧



20140429_14

不思議なトンネル
スノーシェードらしい



20140429_16

峠を越えたPC1手前の道
ここでも花桃が綺麗に咲いている

峠を下りてからPC1までは2km程しかないのにやけに遠く感じた
100km走ってそろそろ疲れが出てきた感じだ
ここからの補給をどうするかが大事なんだよね

でもそうは言ってもそんなに計画的に食えないしな・・
結局はテキトー補給になってしまうよね

駒ヶ根で食事するつもりなのでPC1の補給は
ジャイアントコーンとおにぎり一個



20140429_19

ソースカツ丼の明治亭

2ndステージの目玉。。というか今回のブルベの主目的
せっかくなのでネットで調べて一番有名な店にしたが
ルートから1.5km外れるし、ずっと上り坂で余計な体力を消耗した



20140429_01

駒ヶ根名物ソースカツ丼

ロースは腹にもたれそうだからヒレカツにしといた
(そんなこと気にするなら最初からカツ丼やめとけよ・・)



20140429_02

上から見るとそれほどでもないけど横から見るとこのボリューム
テーブルに置かれた時はちょっとビビリましたよ
こんなに食べたらまた胃もたれで苦しくなりそう・・



20140429_03

食べ始めてすぐに異変に気づいた

んん・・(?_?)

どこまでいってもキャベツが続きコメが現れない??

なんと蓋が閉まらない程のビッグボリュームの半分は千切りキャベツだった

最初なんじゃこれと思ったけどソースが絡んだキャベツが美味い

ソース漬けのヒレカツは余計な脂っこさもないし

半分キャベツなので見た目が大ボリュームでもペロリと食べられる

これは本当に美味いよ。満足。満足。



20140429_20

明治亭から望む駒ヶ岳

電線がじゃまだなぁ。。



20140429_21

塩尻に入り、折り返しのPC2は17:10に到着

1000m級峠を越えて寄り道もして200kmを10時間少々なら結構速いじゃん

後半は下り基調だしこれは楽勝かと思ったけど400kmはそんなに甘くなかった


復路は折り返し直後のプチ峠を越えたところでライト点灯

この頃からたまに顔に水滴が当たる気がした

気のせいかなと思ってたけどだんだん顔に当たる水滴が多くなり
空を見ると若干怪しい雲行きになってる

ヤバイな。。天気予報は晴れだったから雨装備なんて持ってないぞ

早く山から離れないとマズイと思い交通量の減った夜道を飛ばす

パラパラ雨だけど伊那市街では路面が全面濡れるくらいの状態
駒ヶ根まで来てようやく星が見えてきて雨は止んだ


22:40 PC3到着
かなり寒くなってきたので防寒装備を装着するけど
この先はすぐに峠上りになるのでフル装備にはしない

2回目の冶部坂を淡々と上り続けるが
暗くて道幅が広いので余計に単調に感じて眠い

00:58 再び冶部坂トンネル 気温5℃
ここからの長い下りに備えてウインドブレーカーとインナーグローブを装着したが
下り始めると頭が寒~っう。 カキ氷食べた時みたいにデコが痛い
これは絶対に気温5℃もないぞ
ちなみにもっと下った稲武では気温3℃だった

道の駅平谷で緊急停車してウインターキャップとネックウォーマー装着

持ってきたものは全て装着したけどこれでも寒い
日中の暑さに合わせてベースが春ウエアなので
ウインドブレーカー羽織ったくらいでは全然足りない
冬用インナーも持っていくべきだった

おまけに冶部坂の上りでエネルギー使い果たしてハンガーノック気味になってる

これはどこかで休憩しないとマズイぞ

たしか稲武にコンビニがあったけどこんな山奥のコンビニが
深夜営業してるとは思えない・・・


・・・やってた  感動(ToT)


ホットコーヒーで体を温めてからゆるゆる走りだすが

明け方の豊田市街手前で眠くて真っすぐ走れなくなり再度コンビニにピットイン

ホットコーヒー飲んでストレッチして目を覚ましてからペースを上げてゴールに向かう


AM 5:30 無事ゴール


9時頃までクルマで仮眠してから帰宅しました



20140429_09

20140429_18




スポンサーサイト
ブルベ | 13:40:54 | コメント(2)
伊吹山ヒルクライム 2014
20140414_08

今年も伊吹山ヒルクライムに行ってきました



20140414_02

AM6:00 会場に到着
去年のような渋滞を想定して早めに出発したら
全然渋滞してなく予想以上に早く到着した


20140414_01

受付も空いてるうちにさっさと済ませるが

クルマに戻ってパンフレット見てたら・・

あれ (・_・)?

計測タグが無いぞ??

ゼッケンだと思ってたのは荷物用のタグだし。。

計測タグとゼッケンをもらいに再度受付に行くともう大勢ならんでる

朝から若干気分が悪くなったが運営の手際じゃなくて

受付の兄ちゃんの個人的ミスということでここは大目に見とく



20140414_03

ゆっくり準備して8:30頃からローラーでアップ開始

20分程軽く汗をかく程度にアップ
もう少し負荷掛けた方が良い気もするけどスタートまで時間があるので
あまり上げても意味無いかと思いこの程度にしておく



20140414_04

今年の荷物預けはスタート地点なのでみんな荷物をしょって集合

ヒルクライム会場じゃなくてサイクリングの集合場所のようだ



20140414_05

スタート地点手前の荷物預け

スタート直前の荷物預けなんて最初はどうなる事かと思ったけど
意外とスムーズに進行して問題なし



荷物を預けた後もさほど待たされることも無くボチボチと料金所ゲートに向かい
チームメイトのガメロンと一緒にスタート


スタート直後は抑え目のペース
途中からガメロンが前に出て行ったので後ろに付いていくが
序盤でまだ脚が回らず苦しい

標高450mあたりから徐々に間が開いてくる
詰めようと思えば詰められる差なんだけど詰め切れない

ガメロンの背中が遠くなり代わりに白ビアンキと白マドンと
自分の3台でパックになった

白ビアンキが元気良く引っ張るがガメロンとの差はさらに開いていく

標高750mあたりで白ビアンキがついに失速
同時にガメロンをロスト。完全に視界から消えた

そこからは黒サーベロが加わり4台で走るが標高900mあたりで自分が千切れた

その辺りで下り部分があるのでそこでは必要以上にペースを上げずに脚を休ませる。
これは事前の作戦どおりだけど効果あったと思う


駐車場のところでタイムは41分

あれ??

調子良いと思ってたけど去年と同じだ

このペースだと1時間切りは微妙

標高1050mあたりでMS97の054さんに抜かれる

やはり速い

とりあえず付いていくがレベルが違うので徐々に離れていく


残り2kmで52分
どうなんだろ1時間切れるかな?

残り1kmで57分
1時間切りは無理なのか?
計算する余裕もなくひたすら上る

残り500mで59分
あかん。やっぱ無理だ・・

残り100m
ダンシングで必死に走る

ゴール直前は体力限界でヨロヨロ蛇行する人多し
あぶないな、真っすぐ走れってば

ヨロヨロしながらドリンク飲んでるのもいるし
あと少しだろ我慢して真っすぐ走れよ

2回ほど危ない目に遭いながらラストスパートし無事ゴール


タイムは1時間2分

去年より1分速いけど去年は途中で脚攣って一回止まってるし
今年の方が良いマシンに乗ってるし
実質遅くなってるような・・orz

でも脚攣らずに最後までしっかり走れたから満足感はある (^o^)


山頂は去年ほど寒くないけど休んでるとどんどん体が冷えてくる
12:30までに下山しないと実業団レースが終わる15:00まで山頂で足止めなので
ゆっくりしてられない



20140414_06

若干心配した荷物も今年はきちんと運ばれていたし
分かりやすく並べられていてすぐに探し出せた
昨年の反省を生かしたのか今年の運営はGood


下山は途中で止められることも無く高低差1000mを30分かけて一気に下る
カーボンリムなのでアルミよりブレーキコントロールがシビアだし
普段こんなに長いこと下り続けることはないので手が疲れてきた



昨年の大会では初めてフルコースを走りそれなりに堪能したし
最後は脚攣ってまともに走れなくてヒルクライム向いてないかなとも思ったり・・
それに運営の手際も悪かったし・・
もう毎年伊吹山に出なくてもいいかな。。なんて思ってたけど
今年のエントリーが始まったときはそんなことすっかり忘れて
条件反射的にエントリーしてました (^^;)

若干惰性で出走した今年の伊吹山だったけど
走り出せばやはり面白い(苦しいけど)

伊吹山は比較的に斜度が緩めで自分に合ってる
あれ以上斜度がキツイと上るのが嫌になると思う

緩めの坂をパワー掛けて上る感覚が好きだし
自分がもっとパワーアップすればさらに好きになれそうな気がする

やっぱ来年も挑戦しようかな
次こそ1時間切るぞ


20140414_07




レース&イベント | 22:39:09 | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。